遊-ZENの製品をまとめました。美濃和紙を使ったおもてなし・祝事用の箸・御膳敷です。


遊-ZEN 美濃和紙 《HANDCRAFT MADE IN JAPAN》
日本製の遊-ZEN 美濃和紙シリーズの全ての商品は、伝統を継承し続ける職人により作られた美濃和紙が使われており、大切な宴席をいつまでも美しく心にとどめる演出をします。
美濃和紙は、温かい風合いでも丈夫で、変色しにくく長持ちします。

美濃和紙はとても丈夫で、その質感は温もりを感じることができます。食器や料理と相性がよく、これまでも料亭や旅館などで使用されてきました。しかし、今までの美濃和紙のイメージから使用シーンはどうしても和食などに限られていました。
もっと多くの人に料理の種類やシーンにとらわれず使っていただきたい。美濃和紙の良さをもっと広めたいという想いから現代風のデザインを取り入れることになりました。伝統だけではできなかった新しい商品は若手のデザイナーや新進気鋭の書家とのコラボレーションによって生まれました。それが遊-ZENの美濃和紙 mino-washi-tablewareシリーズです。


1300年の伝統に生きる美濃和紙
美濃和紙の起源は、奈良時代、仏教の普及により写経が盛んになったころだといわれています。その写経用の紙に一部美濃和紙も使われ、正倉院文書の中に美濃経紙が記されています。毎日新聞社「手漉き和紙大鑑」によると、大宝2年(702年)「美濃、筑前、豊前3国の戸籍簿断簡(正倉院文書中に現存)であり、いずれもそれぞれの国府で、所属の製紙工に漉かせたものである。」とあります。これらの情報から美濃和紙は、少なくとも1300年以上の歴史を有するものと考えられます。
平安時代に製紙業が発達、美濃は紙の原料である楮(こうぞ)を、他の産地を大きく引き離した量である600斥(約360kg)の年貢を差し出しています。美濃和紙は江戸時代にも受け継がれ、明治時代は製紙業が激増しました。しかし、その後の濃尾地震や不況、太平洋戦争による物資、労働力不足などが美濃和紙生産に大きく影響を与えました。
石油化学製品の進出は大正末期から紙業界の大きな課題となり、昭和30年代には生産者数が1200戸あったのに昭和40年には500戸に激減、その後も減少を続け、昭和60年には40戸となりました。伝統を受け継ぎつつ手漉き和紙の振興をはかるため、昭和58年、美濃手漉き和紙協同組合を設立、昭和60年には国から伝統工芸品に指定されました。
平成26年11月、美濃地方で特定の材料、漉き方によって区別された「本美濃和紙」が「細川紙」「石州半紙」と共に世界文化遺産に登録されたのは記憶に新しいところです。これからも美濃和紙の伝統を後世に継承するため、日夜職人が腕を磨いています。

遊-ZEN

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 9商品中 1-9商品
  • 次のページ