九谷焼豆皿 飯碗 

お茶碗型の染付豆皿
タタラ作り(粘土を板状にスライスして成形する技法)で一つ一つ手作りし、絵付けも手描きの豆皿です。
染付とは素焼生地に呉須(ごす:コバルト化合物を含む鉱物)という顔料で絵付けをし、透明の釉薬をかけて焼成した陶磁器のことで、絵柄が美しい藍青色に仕上がります。
小さくても裏側にはキチンと高台(こうだい)がついているので安定しています。

ほんわかした飯碗型がなんとも愛おしいデザイン。ぬか漬けや梅干しなどのお漬物や、佃煮や明太子などの飯の友をのせれば、ご飯がモリモリすすみそうです。
柄は麦藁(麦わら(手):縦線をいくつも引いた昔ながらの模様)と網目の2タイプご用意しました。


使用上の注意
・個体ごとにサイズ・色・形状が若干異なる場合があります。また、柄の出方や柄行が個体ごとに異なります。あらかじめご了承ください。


商品詳細:
サイズ 約9.6×8.3×1.2cm、九谷焼(陶器)、日本製(石川県産)

「送料300円(税込)」の配送可

メッセージカード(帯紙)・ギフト包装対応
詳しくは「メッセージカード(帯紙)・ギフト包装について」をご確認ください »
麦藁網目

在庫なし表示の商品でもお取り寄せ出来る場合がございますので、お気軽にお問い合わせください。

販売価格
1,620円(税120円)
購入数