【SAIKAI】波佐見焼 末広碗 細十草 LL 

手描きの線が味わい深い碗
和食がしっくりくる末広椀です。末広がりのカタチは縁起がよく、普段使いのみならず目でたい席でもお使いいただけます。
一本一本手で描かれた細十草の柄は、金を磨く際に光沢が増すとして使われていたトクサの葉だけに、金を呼ぶ縁起の良い柄とも、また、トクサのまっすぐ伸びる姿から成長や繁栄の験担ぎの柄とも言われます。
サイズはLL・L・Mと3サイズご用意。LLとMのペアで椀と蓋としてもご利用いただけます。L・Mサイズはページが異なるのでご注意ください。

波佐見焼(はさみやき):
長崎県に約400年前に誕生した波佐見焼は、地理的な事情から有田焼や伊万里焼として扱われた時代を経て、庶民の暮らしに寄り添う日常食器として長い歴史を有します。
付立て筆という腰のしっかりした毛量のある筆を用いて、躊躇なく一気にさっと描く「付き立て描き」といわれる絵付け手法が特徴です。その伸び伸びとした潔い線や文様・絵が、生き生きとした魅力となって愛されています。

使用上の注意
・手づくりのため、ひとつひとつ色合い・形・大きさ・厚みなどが異なり、個体差があります。また、柄の入り方・色味が違ったりすることもあります。不良品ではございまぜんので、ご了承ください。
・ご使用前に洗ってからお使いください。
・電子レンジや食洗機をお使いいただけます。オーブンのご利用はできません。


商品詳細:
サイズ 約φ145・H70 mm、500ml、波佐見焼(磁器)、日本製(長崎県東彼杵郡波佐見町)



メッセージカード(帯紙)・ギフト包装対応
詳しくは「メッセージカード(帯紙)・ギフト包装について」をご確認ください »

在庫なし表示の商品でもお取り寄せ出来る場合がございますので、お気軽にお問い合わせください。

型番 17200
販売価格
2,700円(税200円)
購入数